代表者インタビュー

突撃インタビュー 代表 岡崎司郎が語るウェルバランスの想い

我々の成す事で一人でも多くの方を元気にする

ウェルバランスという会社名にはどのような意味があるのでしょうか。

ウェルバランスという会社名はバランス良くありたい、という思いから名づけました。
環境問題、健康問題、ライフワークバランス、物事に対する考え方、全てにおいてバランス感覚はとても大切なことだと思っています。
また、弊社が地域社会と良いバランスを築いていける存在でありたい、という思いもあります。

現在どのような事業を行っているのでしょうか。

現在メインで行っているのが、シニアの方・初心者の方向けパソコン教室です。
情報革命と言われている中で、パソコンが使えずに損をするのではなく、情報社会の便利さ、楽しさを一人でも多くの方に体験していただきたいと思っています。
そして何よりも教室に来れば笑顔になれる、という楽しい場を提供できるよう努力しています。

今後の展望を聞かせてください。

現在、日本は少子高齢化社会へと進んでいます。
そんな中、シニア世代の方がいつまでも元気に、生きがいを持って生活できるような社会システムを作っていきたいと強く思っています。
それらを行っていくことで10年後にはウェルバランスが地域社会において必要不可欠な存在となれるよう精一杯努力していきます。

 

このページの上部へ戻る